トップ  > 4代目のブログ  > 脊柱管狭窄症でお困りのお客様敷ふとんお買い替え【4代目のブログ】

脊柱管狭窄症でお困りのお客様敷ふとんお買い替え【4代目のブログ】

当店すぐそばにある長住三丁目交差点付近では

車道が2車線から3車線になる工事が進められています。

もうすぐ完成するようですので、少し渋滞が解消されるかもしれません。

皆さん、どうもこんにちは!!4代目の牧子です。

先日、脊柱管狭窄症でお困りのお客様にご来店いただきました。

実は当店3代目(私の父です)も脊柱管狭窄症を患っており

約10年ほど前になりますが、ボルトを埋め込む手術をいたしました。

当時、私は父と同居しておりましたので、

脊柱管狭窄症による症状、父のつらさを目の当たりにしておりました。

こちらのお客様も当店3代目同様、

畳の上にふとんを敷いて寝るスタイルでお過ごしでしたが、

畳から起き上がるという動作が段々苦痛になられたとのこと。

また、少しでも腰がラクに寝れるふとんはないだろうか…

というご相談でのご来店でした。

原因は人それぞれではありますが、

特に年齢を重ねられると腰やひざの痛みによって、

ふとんから起き上がるという動作に苦労される方は多いものです。

特に70代以上のお客様に多いように感じます。

しかも、夜中に何回かトイレのため起き上がるとなると、

そのたびに苦痛との闘いです。

そこで、ベッドスタイルへのご提案をさせて頂きました。

ベッドといっても、欧米にあるようなふかふかなベッドではありません。

日本式の硬いすのこの上にしっかりとした硬めのふとんを載せるスタイル。

ただでさえ腰が悪い方が、ふわふわのベッドに寝るとなると

ますます腰が沈んでしまい、寝姿勢が崩れるばかりで安眠どころではありません。

また、湿度の多い日本の気候では、

カビ対策のためにも、すのこベッドは大変おすすめです。

(私4代目も自宅ではすのこベッドを使用しています)

店頭で実際にベッドでの寝起きを体験して頂いてからお決め頂きました。

ベッドは、西川リビングのしっかりとしたすのこベッド。

Hpfm01

敷ふとんには、東京西川の整圧マットレス。

List_06

仰向け寝でも、横向き寝でも、理想的な寝姿勢を作ってくれます。

当店でもこれまでたくさん販売させて頂いておりますが

なんといってもお客様の満足度が非常に高い商品なんです!!

 

832_seiatu_model

そして、このたびご自宅まで納品に伺いました。

Img_4165

夜中のトイレへの起き上がりもだいぶんラクになられると思います。

ベッドを組み立て、シーツ、敷パッドまでセットさせて頂きました。

敷パッドはこれからの暑い季節でも

しっかりと汗を吸い取ってくれる、中綿コットンのタイプです。

少しでも快適に、腰がラクにお休みいただけますように・・・

F様、ありがとうございました。

(2019.06.23)

有限会社河村ふとん店

〒 815-0075

福岡県福岡市南区長丘1丁目20-16

TEL:092-551-1806

FAX:092-561-6296